美容整形にてほくろ除去体験

先日ほくろの除去をしてもらいに美容整形に行って来ました。
子供の頃からある首のほくろ。年々大きくなってきて、10ミリ程の大きさになってきたので目立つらしく、
顔より先に首元を見られるのが嫌で除去を希望しました。
カウンセリングをしてもらうと、レーザーではなくメスによる外科的手術になるとの事。
事前のネット調べで局所麻酔がかなり痛いと知っていたので一瞬躊躇しましたが、
医師が私が怖がっているのを見て、特別に麻酔クリームをつけてくれることになりました。
待ち時間の間に看護師さんに麻酔クリームを塗ってもらい暫し放置。
クリームは効いているのか効いていないのかよくわかりませんでしたが、いざ手術室に運ばれるとほくろを上にしてベッドの上へ。
顔に布を掛けられるともう覚悟するしかなく「まな板の上の鯉」になるしかありませんでした。看護師さんに頭と肩を押さえられて、
「少しチクッとしますよ〜」という医師の声。
麻酔クリームのおかげか針を刺す時の痛みは感じませんでしたが、薬液を注入される時の痛みはピリピリしました。
それでもインフルエンザの予防注射よりは断然マシです
全部で6本の麻酔注射を打ったようですが、3本目くらいから痺れが出てきて後は痛みを感じませんでした。

 

「はい、終わりましたよ」という声と共に布を外され壁の時計を見ると30分も経っていませんでした。
緊張が解けて暫く放心状態でしたが、鏡で傷口を見せてもらうと1本の線の縫い目になっていました
半年もすると目立たなくなるとの事。
怖かったですが、終わってみるとスッキリしました。
ほくろを取って本当に良かったです。